2017年

3月

10日

ワインセラー引退

我が家の床の間に鎮座していたワインセラーの寿命が来たようだ。先週あたりから設定温度より2~3℃高い。機種は Electrdlux CS201D(フランス製) 。独自の冷却システムで、コンプレッサーがないため振動や騒音がほとんどない。今も Dometic から中国製の類似機種が売られているようだ。

7年前、ヤフーオークションで買った中古品だ。冷却ユニットの寿命は約10年といわれており、製造年はわからないが、多分往生なのだろう。冷却ユニットの交換修理には10万円以上かかるとのことで、あきらめて廃棄することにした。廃棄にも結構お金がかかる。

震災時にちょっと傾き、ドアが開いて14本のワインを破損した思い出もある。パルメなどの高級ワインばかりだった。

来週、新しいセラーがくるので、約200本のワインはお引っ越しだ。夏の高温時でなかったのが不幸中の幸いだ。

もう1台のフォルスターはさすが日本製、まだまだ元気だ。