2017年

4月

30日

Chateau la Matheline 2010

AC Bordeaux Superieur, France, 13%, 750ml, TIC, \1069

Me, CS, CF

 

当たり年のボルドーということで買ってみた。わりとサラリとしており、もう十分に穏やか。値段なりの凝縮感で、宣伝ほどではないがまあまあか。

 

今晩はサーモンの甘酢照り焼き。厚切りで、しっとりしてとても美味しい。濃いワインではないので、相性も悪くない。

 


0 コメント

2017年

4月

28日

Carminano Montefortini 2011 Ambra

DOCG, Toscana, Italia, 14%, 750ml, Terravert, \1998

Sa, CS

 

カルミニャーノはキャアンティに隣接する小さな産地だが、歴史は古い。DOCGになったのは1990年と比較的新しいが、古くからカベルネを混ぜるなど、品質は高い。

若々しい色調で、かなり濃い。味わいは非常にタニックで、まだ収れん性があり、もう少しおいた方がよさそう。潜在力はありそうだ。

今晩はカキフライ。この時期になるとずいぶん大粒の物が手頃な値段で買える。今のうちに食べておきたい。フライはワインとの相性がいいので、赤でも十分。


0 コメント

2017年

4月

23日

Calizo de Adaras 2011 Bodegas Almansenas

DO Almansa, Espana, 13.5%, 750ml, Orchestra, \360

Ga 50%, Mo 30%, Sy 10%, PV 10%

もう何度も飲んでおり食中酒として申し分ない。

今晩は帆立のムニエル、春キャベツとアサリのスープなど。これからは帆立も安くなってきそうで嬉しい。ワインとの相性も抜群だ。


0 コメント

2017年

4月

20日

Chateau Chante Alouette 2009

AC Saint-Emilion GC, France, 13.5%, 750ml, Fix, \1730

Me 80%, CF 20%

 

シャトーのサイトは、http://www.chateau-chante-alouette.com/en/。1995年から始まる7.1haのわりと新しいシャトーのようだ。

抜栓時からいい香り。凝縮感はわりと高いが、まだ円やかさが乏しく、飲み頃にはもう少し時間がかかりそう。

今晩は麻婆豆腐、鯖の竜田揚げなど。ピリ辛ではないので、ワインとの相性はいい。 


0 コメント

2017年

4月

14日

Poco a Poco Tempranillo 2012 Lagunas de Laguardia

Castilla y Leon VT, Espana, 13%, 750ml, Orchestra, \353

Te 100%

 

スペイン中央部で造られるテーブルワイン。カスティーリャ・イ・レオンはスペインで最も大きなワイン産地で、このワインは2000年にVino de Mesa からVTへ格上げされたとのこと。もう何度も飲んでいるが、インポーターの記載は正確でないことがあり、少し勘違いしていたところも。

 

黒っぽいガーネットで、味わいは穏やか。凝縮感は小さいが、食中酒としては十分。

 

今晩はロコモコ丼。雫石駅で食べて以来、奥様のお気に入り料理。ワインともよく合う。


0 コメント

2017年

4月

09日

Owners' Zweigeltrebe 2015

Shiwa Winery, Iwate, Japan, 10%, 750ml, Shiwa, \1620

Zw 100%

 

紫波フルーツパークのブドウ樹オーナー用の1本。2015年は天候に恵まれ、熟期が早く、病気も少なくいい年だったので、1年寝かせたようだ。先日配布されたばかりだ。

若々しい紫の残る色調で、ほのかな甘みと酸味があり口当たりはとてもよい。少し発泡性が残っているが、味わいに問題は無い。

今晩は八宝菜(白菜が高いので代わりに青梗菜で)、餃子スープなど。軽めのワインなので、中華にもピッタリだ。


0 コメント

2017年

4月

06日

Lager da Xestosa Mencia 2014 Adegas Pazo das Tapias

DO Monterrei, Espana, 13%, 750ml, Eva, \1382

Mencia 100%

 

濃いガーネットだが、わりとサラリとしている。香りも味わいも甘酸っぱく、ちょっとピノっぽいところがある。低価格帯のメンシアはこんな感じのものが多いが、食中酒としては申し分ない。

今晩はカキフライ、白菜のクリームシチューなど。旬の牡蠣を味わっておこうと、結構頻繁に食べているが、いつも美味しい。赤ワインでも十分に合うものだ。


0 コメント

2017年

4月

03日

Chateau Lescaneaut by Poupille 2009

AC Castillon Cotes de Bordeaux, France, 13.5%, 750ml, Mottox, \1680

Me 75%, CS 20%, CF 5%

 

プピーユのフィリップ・カリーユがシャトー・レスカノで醸造を担当して造られたワインのようだ。

濃いガーネットだが、そんなにどろどろした感じではない。口当たりはもう十分に優しく、まさに飲み頃。もちろん、プピーユほどの凝縮感はないが、食中酒としては十分。

今晩はニラたっぷり餃子。ワインは味ぽんともよく合う。


0 コメント

2017年

3月

30日

Mencia Roble 2009 Alvarez de Toledo

DO Bierzo, Espana, 14%, 750ml, Marukai, \1188

Mencia 100%

 

スペインの名家・アルバ公爵家がヴィラフランカ・デル・ビエルソで造るワイン。標高400~500m、樹齢は40~60年らしい。WA91。

 

黒っぽいガーネットだが、わりとサラリとしている。アタックは酸が強いがやがて収まる。ややピノっぽいところも。QPRは極めて高い。

 

今晩は、鯵のムニエル・トマトソース、海鮮丼など。トマトソースとワインは相性良く、とてもいい感じ。


0 コメント

2017年

3月

28日

Chateau Bel-Air Perponcher Rouge 2012

AC Bordeaux, France, 12.5%, 750ml, Luc, \1664

Me 78%, CS 12%, CF 10%

 

デスパーニュ家がアントゥル・ドゥ・メールで作るカジュアルワインだが、コルクは立派な物を使っており、手抜きはない。約40haの畑で赤・白を造る。上級のグラン・キュベもあるようだ。

まだ少し若さが残るが、ほのかな甘みもあり、口当たりは優しい。もう数年おけば美味しいワインになりそうな予感。

今晩はおでん、鯖の塩焼きに、先日お土産でいただいたノドクロの干物を添えて。ほのかな甘みが干物の甘さと良く合う。


0 コメント

                              ----- Archives -----