2018年

1月

15日

Catania Tempranillo 2010 Bodegas Gormaz

DO Ribera del Duero, Espana, 14%, 750ml, Orchestra, \810

Te 100%

 

スペイン内陸部のワイン。これも10本以上飲んだが、最後の1本になってしまった。

最初の頃(4~5年前)は少し刺激が強く感じたこともあるが、今ではもう十二分に穏やかで、ホッとする味わい。QPRはかなり高いと思う。

 

ここ2~3日はとても寒いので、今晩は暖かい牡蠣のシチュー。今が旬なのでたくさん食べたいと思うが、もう少し安くなって欲しい。優しいワインと結構よく合う。


0 コメント

2018年

1月

12日

Chateau Lanessan 2010

AC Haut-Medoc, CB, France, 14%, 750ml, Mottox, \2089

CS 60%, Me 36%, PV 4%

 

以前はクリュブルジョアでなかったように思うが、最近は格付けされているようだ。

10年らしいとても濃い造り。まだ少し硬さが残るが、飲みにくくはない。もう少しおけば、とても美味しくなりそうな潜在力を感じる。WA87でそれほど評価は高くはないが、もっといけそう。

 

今日はお昼が少し重かったので、軽めの夕飯。鮭ちらしに茶碗蒸しなど。濃いワインだが、意外とよく合う。


0 コメント

2018年

1月

09日

Zerate Loureiro Tinto 2011

DO Rias Baixas, Espana, 12%, 750ml, Orchestra, \2100

Lo 100%

 

リアスバイシャスの土着品種を使った赤ワイン。とても濃く黒っぽい色調だが、ドロリとした感じはない。味わいは酸が効いていて、爽やか。

今晩はエビと豆腐の旨煮。スッキリとした味わいのワインとよく合う。


0 コメント

2018年

1月

07日

Le Haut-Medoc de Pedesclaux 2006

AC Haut-Medoc, France, 13%, 750ml, Bond, \1512

CS, Me, CF, PV (詳細は不明)

 

ポイヤック5級のペデスクローがオーメドックで造るワイン。セカンドは Sens de Pedesclaux とのことなので、サード的な位置づけか? コルクも立派なものを使っているし、濃いがとても透明感の高い色調で、丁寧な作りが伺える。やはり、影が薄いとはいえ格付けシャトーの意地か。

今日は七草だが、七草セットは高いので、あり合わせの材料で七草がゆもどき。それに、ブリの照り焼き、レンコンの海老はさみ揚げなど。とてもドライなワインなので、どんな食事にもよく合う。わりと好みのタイプだ。


0 コメント

2018年

1月

04日

Calizo de Adaras 2011 Bodegas Almansenas

DO Almansa, Espana, 13.5%, 750ml, Orchestra, \360

Ga 50%, Mo 30%, Sy 10%, PV 10%

 

バレンシアの南西で、ちょっと内陸に入った、ラマンチャ地方では最も地中海よりの産地で、黒ぶどうの栽培が盛んなところ。ワイン生産は比較的新しいが、樽熟の良質なものが多い。

もう何度も飲んできたが、残り1本になってしまった。毎度ながら、QPRはかなり高く、食中酒として申し分ない品質。

今晩は、ポークピカタ、ロールキャベツ、おせちの残り物など。豚ヒレのあっさりした感じにも、ワインが結構よく合う。


0 コメント

2018年

1月

02日

Owner Zweigeltrebe 2017

Shiwa Fruits Park, Iwate, Japan, 10%, 750ml, Shiwa Winery, \????

Zw 100%

 

自園自醸ワイン紫波のオーナー限定新酒。昨年は夏の終わりから雨が多く、早生のツヴァイゲルトは熟度がイマイチだったが、腐敗防止のため、早摘みした。若干の補糖もあるが、軽ろやかな仕上がりになっている。無濾過のため、ちょっと濁りが強い。ヌーボーとしてはよくできている。


いつもの景気のいい人から松阪牛をいただいたので、今晩はすき焼き。とても柔らかで美味しいが、年寄りにはちょっと脂っこいか。私には実感はないが、世の中、本当に景気がいいのだろうか?

0 コメント

2017年

12月

26日

Valtier Reserva 2009 Bodegas Faustino

DO Utiel-Requena, Espana, 13%, 750ml, Daisei, \886

Te 50%, Bobal 50%

 

 

バレンシアの比較的新しいワイナリー。レゼルヴァによくある伝統的な金属ネットがかけてある。18ヶ月の樽熟を経ているそうだ。

濃く黒っぽいガーネットで、味わいは穏やかだが、結構タニック。QPRはかなり高いと思う。

旨安の見本のようなワイン。

 

今晩は椎茸の豚肉ロールフライ、豆腐ステーキ野菜あんかけなど。しっかりしたこのワインはとてもよく合う。


0 コメント

2017年

12月

24日

Olivier des Boissines Brut Rose

 

 

お手製のデザートもあり、少しクリスマスらしい雰囲気に。

AC Champagne, France, 12.5%, 750ml, Avante, \2800

Ch 55%, PN 25%, PM 20%

 

今晩は年に一度、シャンパーニュを開ける日だ。外見ではかなり濃いロゼかと思ったが、グラスに注ぐと結構上品な色調。お味も甘酸適度で、十分美味しい。この価格なら上等だ。

今晩は久しぶりに美味しいステーキ。比較的温和しいこのワインとよく合う。牡蠣のクリームシチューともよく合い、どんな食事でもこの1本でいけそう。


0 コメント

2017年

12月

23日

Casillero del Diablo Shiraz 2015 Concha y Toro

Central Valley, Chile, 13.5%, 750ml, Mercian

Sy 100%

 

ライブのあと、飲み屋さんで頼んだワイン。時間がなく飲み残したので、持って帰ったもの。市価1000円程度のものか?

チリらしくとても濃いが、カベルネよりは優しい。食中酒としては申し分ない。

今晩は大ぶりのブリの塩焼き、肉じゃがなど。脂のよくのった鰤にはこれもよく合う。


0 コメント

2017年

12月

19日

Selvato Rosso Giordano Vini

IGT, Toscana, 13%, 750ml, Mottox, \1079

Sa 60%, CS 25%, Me 15%

 

IGTだが、なぜかヴィンテージはない。濃いが口当たりは優しく、食事ともよく合うが、酸やタンニンはしっかりしている。ルカ・マローニ94点の表記があるが、WAとはずいぶん違うようだ。とはいえ、QPRはかなり高いと思う。

 

今晩は、麻婆豆腐、鰤大根など。甘めのマーボーなので、ワインとの相性は悪くない。もちろん、ブリともよく合う。


0 コメント

                              ----- Archives -----