2019年

4月

21日

Chateau le Trehon 1989

AC Medoc, France, 13.2%, 750ml, Shigematsu, \1870

CS 60%, Me 35%, PV 5%

 

以前もそうだったが、コルクの劣化が激しく、上手く抜けない。リコルクしてくれればいいのだが、この価格帯では無理か。とても芳しい熟成香で、そそられる。味わいはこの価格帯にない美味しさ。さすがにいい年だ。良くできている。

 

昨晩は豚のショウガ焼き、エビチリなど。ワインとの相性はすこぶる良い。


0 コメント

2019年

4月

18日

Chateau de Ville George 2000

AC Haut-Medoc, CB, France, 12.5%, 750ml, Nakagawa, \1900

CS 56%, Me 44%

 

この年代にしてはとても濃い造りだが、口当たりは極めて優しい。上手く熟成しており、とても美味しい。QPRは極めて高い。

 

昨晩は、鯖みりん、ロールキャベツのトマトシチュー、それに冷凍栗を使ったご飯など。飲み頃のボルドーがとても良く合う。


0 コメント

2019年

4月

14日

Jeff Carrel 2015 Domaine Puydeval

IGP Pays d'Oc, France, 14%, 750ml, Cordonvert, \1058

CF, Sy, Me

 

とても濃い造りで、正直、まだ飲みづらい。今後どう変化するかわからないが、ポテンシャルは高そうだ。

 

昨晩は酢豚など。かなり濃い味付けだが、ワインとの相性は何ともいえない。


0 コメント

2019年

4月

09日

Chateau Arnauld 2006

AC Haut-Medoc, CB, France, 12.5%, 750ml, Cordonvert, \1598

CS, Me

 

もう十分に穏やかで、口当たりは円やか。凝縮感は少し物足りないが、食中酒として申し分ない。

 

昨晩はカキフライピラフ。シーズンの終わりが近づいてきたので、食べておかなくちゃ。ニュースでは宮古の花見牡蠣も出荷が始まったようだ。これは宮古産ではなく山田産だが、大粒で安くて美味しい牡蠣だ。ワインも進む。


0 コメント

2019年

4月

06日

Chateau Hourtou 2014

AC Cotes de Bourg, France, 12.5%, 750ml, Cordonvert, \1058

Me, CS, Ma

 

やや淡い色調で透明感は高い。まだちょっと硬いが、綺麗な酸味があり、ちょっとブルゴーニュ風。食中酒として合わせやすい。

 

昨晩はカレイの煮付け、揚げ餃子など。適度な濃さのワインが良く合う。


0 コメント

2019年

4月

03日

Les Hauts de la Tour Prignac 2014

AC Medoc, France, 13%, 750ml, Cordonvert,

 \1058

CS, Me

 

カステルグループのクリュブルジョア、シャトー・トゥール・プリニャックの2ndか。味わいは悪くないが、まだ硬さが残り、もう少しおいた方がよさそう。

 

昨晩はエビと豆腐の旨煮、鱈のフライなど。もう少し優しいワインの方が良かったように思う。


0 コメント

2019年

4月

01日

Le Haut-Medoc de Haut Bages Liberal 2009

AC Haut-Medoc, France, 12.5%, 750ml, Shigematsu, \1874

CS 80%, Me 20%

 

オーバージュリベラルの3rd的な感じか。芳しい香り、優しい口当たりで、もう十分に飲み頃。適度な凝縮感も感じられ、QPRは高い。

 

昨晩は牡蠣のクリーム煮。この時期の牡蠣はとても大粒で、こちらでは花見牡蠣などと呼ばれている。フライが美味しいが、こうやっても美味。優しいワインとの相性も良い。


0 コメント

2019年

3月

26日

Chateau Mayne-Vallet 2009

AC Blaye Cotes de Bordeaux, France, 14.5%, 750ml, Terravert, \1536

Me 60%, CS 30%, Ma 10%

 

結構濃い造りだが、もう十分に飲み頃。ちょっと雑味が気になるが、食中酒として十分な品質。

 

フキノトウをもらったので、早速、天麩羅にしてみた。らしい香りがプンプンで季節を感じさせる。ワインとの相性も悪くない。


0 コメント

2019年

3月

23日

Villa Mongiron 2003

AC Bordeaux, France, 13.5%, 750ml, Bond, \1728

Me 100%

 

少し枯れが入ってはいるが、透明感は高い。濃いめの造りだが、少し甘酸っぱさがあり、口当たりは優しい。食中酒として飲み頃か。

昨晩はカレイの煮付け。子は入っていないが、肉質は良好。味のあるカレイだ。濃いめのワインと良く合う。


0 コメント

2019年

3月

20日

Chateau Moulin la Graviere 2002

AC Lalande de Pomerol, France, 13%, 750ml, Iida, \1540

Me 80%, CF 20%

 

5haほどの小さな家族経営のシャトーで、2000年から作り始めたようだ。ペレ・ヴェルジェ社の傘下にあり、ミシェル・ロランのコンサルトを受けている。ロランらしい濃厚な造りで、今でもまだ強く元気。食事に合わせるのが難しいくらい。

昨晩は鯖の一夜干し。塩鯖とちがい塩分がかなり低く、国内加工。高齢者向き。濃いワインには少し合わせにくい。


0 コメント

                              ----- Archives -----