2018年

2月

17日

デュオの極み

百年の謎解き 第一章

2018/02/16

すぺいん倶楽部

\3500(1drink付)

 

八木のぶお(BH)

石澤 由男(B)

佐々木浩平(Pf)

澤口たまみ(解説)

 

佐々木拓史(G,Vo)

佐藤 直子(Vo)

村井 秀児(G)

小林 城司(Dr)

歌のおじさん(Vo)

 

昨年末の序章に続く2回目の石澤プロデュースのライブ。今回は「賢治の恋とブルースと」がテーマ。澤口の解説に、それをイメージした石澤の曲が続く。八木のハーモニカがいい味を出してはいるが、相変わらずデュオの真意がわからずじまい。私なりに解釈すると、音楽と文学のデュオということなのだろうか。それにしても今回はたくさんのお客さんが入っていたのにびっくりした。今後も続くらしい。

 

0 コメント

2017年

12月

21日

デュオの極み

~ 百年の謎解き 序章 ~

2017/12/20

すぺいん倶楽部

\3500(1drink付)

 

澤口たまみ(語り)

森田万里子(フルート、篠笛)

石澤由男(ベース)

佐藤直子(ヴォーカル)

熊崎美幸(ヴォーカル)

村井秀児(ギター)

ジョージ(パーカッション)

カッチャン(パーカッション)

 

この店にしてはちょっと変わったライブ。第一部は宮沢賢治の恋について、澤口の解説、それをイメージした石澤の曲を森田と石澤が演奏。第二部は賢治とは関係なく、石澤の仲間たちのセッションという2部構成。個人的にはおまけの第二部の方がが楽しめたが、普段意識することのない賢治についての話が聴け、これはこれで勉強になった。来年2月には続編があるとのこと。デュオが何を指すのかは不明であった。

0 コメント

2017年

12月

02日

meg 10 周年記念ツアー

*イメージです。
*イメージです。

Quicker Than the Eye

2017/12/01

すぺいん倶楽部

\4500(1drink付)

 

megvo

■守屋純子(pf

■中村健吾(b

■高橋 徹(ds

■近藤和彦(a.sax

■岡崎好朗(tp

■佐野 聡(tb

 

秋田・大館出身の meg のレコ発東北ツアーで、この会場へは5年ぶりとのこと。デビュー当時、盛岡の花屋さん裏のビニルハウスでカラオケライブを聴いたのを思い出した。ちょうどこの季節で、オリジナルの「クリスマスローズ」という曲を歌っていた。もう10年経ったようだ。今回は6人の大編成のベテランによるバックで、大船に乗ったように楽しそうに歌っていた。奇をてらうことのない素直な歌で、とても好感が持てる。エンタテナーとしてもかなりのレベルで、楽しいライブだった。ときどき、気楽に聴きたい歌声だ。

0 コメント

2017年

11月

15日

もりげきライブvol.275

Ease・澤田トリオプラス

2017/11/15

盛岡劇場タウンホール

\1200

 

[Ease]

  デイリー山崎(Pf)

  杉本勝重(B)

  澤井まんぞう(Dr)

  大森 彰(G)

  マキ・ナカヒラ(Vo)

 

[澤田トリオプラス]

  澤田貴之(Dr)

  玉澤裕子(Pf,Key)

  杉本敏行(B,EB)

  西部邦彦(Ts)

  佐々木孝之(G)

 

いつも聴いている面々だが、音響のいいホールで聴くと、またひと味違う。お酒が飲めないのは残念だが、これも捨てがたい。プロの演奏はもちろんいいが、盛岡のジャズシーンもなかなか侮れない。楽しいライブだった。

0 コメント

2017年

10月

31日

大石学 Piano Solo Live

*イメージです。
*イメージです。

2017/10/30

Bar Cafe the S

\2500

 

大石 学(pf)

 

4年ぶりのここでのライブ。 もう何度も聴いているが、いつ聴いても素晴らしい演奏だ。 優しい旋律のオリジナルもよし、スタンダードもとても耳に優しい。 風貌も控えめで、人柄がにじみ出ている。 派手な演奏が多い昨今だが、こんな演奏も見直されていいのではないだろうか。 いつになくワインがすすんでしまった。

0 コメント

2017年

10月

20日

南 佳孝 Soloism 2017

*イメージです。
*イメージです。

2017/10/19

すぺいん倶楽部

\5500(1drink付)

 

■南 佳孝(Vo & G & Pf)

 

1年ちょっとぶりのここでのライブ。自分と同年代で頑張っている人を見ると元気づけられるが、反面、ぶらぶらしている自分が情けない気もする。とはいえ、ライブはかっての名曲やカバーを織り交ぜながら、とても楽しいものだった。お客さんも昭和の人ばかりで、リラックス出来る。何ともいえない雰囲気で、至福のひととき。スコッチもすすむ。これからも、年に一度くらいは来ていただきたいものだ。

0 コメント

2017年

10月

05日

和泉宏隆 Piano Trio

*イメージです。
*イメージです。

 ~The Water Colors~

Autumn Tour 2017”

2017/10/04

Bar Cafe the S

\3500

 

和泉宏隆(Pf)

吉野弘志(Bass)

石川雅春(Ds)

 

毎年ここで行われる、和泉のライブ。ジャズとはちょっと趣の異なるライブだが、とても楽しく聴ける。ほぼ全曲、和泉のオリジナルだが、滑らかに流れるメロディが彼の真骨頂だ。Tスクエアを感じさせるテイストもあり、全編バラードながら、飽きが来ないところが不思議だ。ジャズ嫌いの方にも十分楽しめるのではないでしょうか。この店のレジェンド、本田竹弘とのエピソードも聞けて、楽しいひとときでした。また、この店のオリジナルワイン「涼実紫」もライブによく合う。

0 コメント

2017年

9月

22日

鈴木牧子トリオ

ナイトミュージアムコンサート

2017/09/22

岩手県立美術館グランドギャラリー

無料

 

鈴木 牧子(Pf)

ニール・ストルネイカー(Tp)

下田 耕平(B)

 

始めて行くイベントだが、鈴木に誘われたので、奥様と出かけた。ちょっと早めに着いたので座れたが、開演時には立ち見も大勢で、300人ぐらいの聴衆に。鈴木もあまりの人気に驚いていたようだ。演奏はスタンダードに少しだけオリジナルを混ぜており、ふだんあまりジャズを聴かない人たちにも配慮がなされていた。会場が会場だけに、少し抑えた演奏で、静かにのんびり聴くことが出来た。1時間という演奏時間設定も、私には少しもの足りなかったが、あの場ではちょうどよかったように思う。一昨年に続き、今回は2回目だそうだが、今後も機会があるといい。

0 コメント

2017年

9月

13日

小林陽一 & JJM

*前回、すぺいん倶楽部で
*前回、すぺいん倶楽部で

2017/09/12

すぺいん倶楽部

\4800(1drink付)

 

■小林陽一(ds

■谷殿明良(tp

■原川誠司(as

■田窪寛之(pf

■金森もとい(b

 

2年ぶりのここでのライブ。メンバーも全員同じ。料金も全く同じ。もちろん、演奏曲は違うが、相変わらず元気で楽しい演奏だ。アート・ブレイキー同様、後身の育成に頑張っている小林のソウルが満ちあふれた演奏で、最初から最後まで、飽きることのない楽しいライブだった。秋田市出身とのことで、盛岡在住の妹さんも来られていたが、ふだん、ジャズを聴かないという彼女も、とても楽しそうに聴いておられました。学割ありということで、お客さんの約半数はジャズ研のメンバーだったが、彼らの今後の成長も期待された。

 

0 コメント

2017年

8月

25日

チコ本田 at ヨッシー’s

2017/08/24

ライブハウス

ヨッシー’s

\4000(1drink付)

 

チコ本田(Vo)

高瀬 順(Pf)

和泉聡志(EG)

 

最近、ジョニーの階下にオープンした新しいお店。結構広く、ステージ形式にすると60席ぐらいはある。アマチュアミュージシャンのマスターが運営し、週末にはセッションが行われているようだ。

今回のメンバーは初めて聴く方々だが、みなすごい。本田は渡辺貞夫の妹で、本田竹広の未亡人という、まさにジャズ一家。体にジャズとビールが染みついている。もう80歳になるというが、ブルージーで迫力ある歌声がすばらしい。これからも元気で永く頑張って欲しいものだ。バックの二人も素晴らしいテクニックでヴォーカルを盛り上げる。ほんとに上手い。とても楽しめるライブだった。 

0 コメント

---------- Archives ----------